2017年4月/最新情報

HOME > 最新情報 > アーカイブ > 2017年4月

2017年4月

【本日のワンフレーズ】

皆様、こんにちは。
今日からゴールデンウィークが始まりますね~(^^♪

さて、本日のワンフレーズです。
★Stick to your guns★
「Refuse to compromise or change your mind」
'自分の信念を堅持する' '屈服しない'
戦場で兵士が '銃を撃ち続ける' という意味ですが、口語では
'自分の立場、信念を曲げない' という意味で使われるフレーズです。

例:
Her parents didn't want her to become an actress, but she stuck to her guns.
彼女の両親は彼女が女優になってほしくなかったが、彼女は信念を曲げなかった。

では、次回に!

 

【本日のワンフレーズ】

皆様、こんにちは。

本日のワンフレーズです。
★Get your head around something★
「To understand something」
'理解する’
直訳すると '頭で何かを包む' ですが、口語では '理解する' という意味で使われるフレーズです。

例:
He tried to explain the rules of the game, but I just can't get my head around them.
彼はそのゲームのルールを説明をしてくれたけど、僕にはさっぱり理解できない。

では、次回に!

 

Under the Sea Event

皆様、こんにちは!

本日開催の 'Under the Sea Event' では、
自分で色をつけた魚で釣りをしてとても楽しいイベントになりました♪

ADVANCE KIDSでは、これからも楽しいイベントを開催予定ですので、たくさんのお友達のご参加をお待ちしています。

皆様 いいね!もよろしくお願いします☆

 

【本日のワンフレーズ】

皆様、こんにちは。

本日のワンフレーズです。
★Go the extra mile★
「To make a special effort. Do more than standard」
'より一層努力する'
'必要以上のマイルを行く' つまり、要求されたことより更に頑張るという意味のフレーズです。

例:
The sales rep really went the extra mile to secure the contract.
販売員は契約を確保するためにより一層努力をした。

では、次回に!

 

【本日のワンフレーズ】

皆様、こんにちは。

本日のワンフレーズです。
★Like David and Goliath★
「A competition with one side clearly stronger/bigger, but they don't win」
'ダビデとゴリアテのよう'
ゴリアテとは、旧約聖書に出てくるペリシテ人の3メートル近い身長の巨人兵士で、ダビデは羊飼いの少年だが、ダビデ少年が投石器から放った石がゴリアテの額にあたりゴリアテは昏倒した。ダビデは倒れたゴリアテの剣を使い首を刎ねて止めを刺したという話から、'弱小なものが強大なものを打ち負かす' 喩えで使われている表現です。

例:
A small shop competing with a national chain is like David and Goliath.
全国チェーンの店と張り合う小さな店は、まるでダビデとゴリアテのようだ。

では、次回に!

 

【本日のワンフレーズ】

皆様、こんにちは。

本日のワンフレーズです。
★Google it★
「Look something up on google」
'ググってみて'
日本語でも名詞の 'グーグル' を、動詞 'ググる' にして表現していますね。英語でも同じように 'グーグルで調べて' といいたい時は上記の表現を使います。

例:
If you want to know what the biggest cities are in the US, you should just google it.
もしアメリカにある大都市を知りたいなら、ただググればいいよ。

では、次回に!

 

ネイティブ講師と一緒にイースターパーティーをしましょう!

ご好評いただいております 'ADVANCE KIDS Event' で、今回は小学校低学年(小1~小3)のお子様対象で『Easter Party』を開催することとなりました!
アメリカ出身のネイティブキッズ英会話講師「ケイリー先生」と一緒に、 'Easter Event' に参加しませんか?
必要であれば日本語サポートもありますので、初めて英語に触れるお子様も安心してご参加ください♪
 
日 時:2017年4月22日(土)14:30~16:00
場 所:ADVANCE KIDS studio
対象年齢:小学校低学年(小1~小3)
住 所:鶴見区豊岡町2-2 フーガ2 3F
TEL: 045-717-7922
Email : kids@advance-english.jp
参加費:無料

※詳細はお電話かメールにてお気軽にどうぞ。

【本日のワンフレーズ】

皆様、こんにちは。
本日のワンフレーズです。
★Out of hand★
「Out of control」
'手に負えなくて'
コントロール出来なくなり、抑えられない状態を意味するフレーズです。

例:
The amount of overtime worked recently is getting out of hand. We need to make some new rules.
超過勤務の総計は最近手に負えなくなってきている。
我々は新しいルールを作る必要がある。

では、次回に!

 

【本日のワンフレーズ】

皆様、こんにちは。

本日のワンフレーズです。
★No pain, no gain★
「No reward without effort」
'苦労なくしては利益はない'
'痛みがない、得るものがない' という表現で、英語の諺で ’苦労なくして、得られるものはない' という意味になります。

例:
My body is really sore after my workout, but no pain, no gain.
運動した後は体が凄く痛いけど、痛みなくして得るものはないね。

では、次回に!

 

【本日のワンフレーズ】

皆様、こんにちは。

本日のワンフレーズです。
★Window shopping★
「Looking at displays in store windows without buying anything」
'ウィンドーショッピング'
日本語でも同じ意味で使われていますね。
何も買うこともなく店の窓のディスプレイを見ている事を意味しています。

例:
I went to the mall but ended up just window shopping.
僕はモールに行ったけど、何も買わずウィンドーショッピングしただけだった。

では、次回に!

 

【本日のワンフレーズ】

皆様、こんにちは。

本日のワンフレーズです。
★Play it up★
「To exaggerate/make something seem bigger」
'大きく扱う' '強調する'
物事を誇張したり、強調しすぎる事を表すフレーズです。

例:
The soccer player wasn't injured badly, but he played it up to get the referee's attention.
そのサッカー選手はひどく負傷していなかったが、レフェリーの注意をひくためにそれを強調した。

 

【本日のワンフレーズ】

皆様、こんにちは。

本日のワンフレーズです。
★Take the fall★
「To admit sole fault for something that wasn't just your fault」
'失敗の責任を負う'
自分の誤りではないが、失敗の責任を取る事を表すフレーズです。

例:
Our whole department was involved in the failed project, but our manager took the fall. 
我々の全部門は失敗したプロジェクトに巻き込まれたが、我々のマネージャーが失敗の責任を負った。

では、次回に!

 

【本日のワンフレーズ】

皆様、こんにちは。

本日のワンフレーズです。
★Play dumb★
「To pretend not to know」
'白を切る' 'とぼける' '黙っている'
'dumb' は '口のきけない' という意味です。 'play' が前につくことによって '口がきけないふりをする' という意味になり、そこから口語では、上記のような表現になるフレーズです。

例:
My boss asked who made the mistake, but I played dumb and didn't say anything. 
僕のボスが、誰がミスをしたんだって聞いてきたけど、僕は黙って何も言わなかった。

では、次回に!

 

【本日のワンフレーズ】

皆様、こんにちは。

本日のワンフレーズです。
★Let me sleep on it★
「Let me think about it overnight and tell you my answer tomorrow」
'一晩考えさせて' 
すぐに答えを出す事が難しく、一晩考える時間が欲しいと相手に伝えるフレーズです。

例:
I was offered a new job, but I asked them to let me sleep on it before I sign the contract. 
僕は新しい仕事をオファーされたんだけど、契約書にサインする前に一晩じっくり考えさせてほしいとお願いしたんだ。

では、次回に!

 

【本日のワンフレーズ】

皆様、こんにちは。

本日のワンフレーズです。
★You get what you pay for★
「Cheap things are lower quality」
'払った金額の物が手に入る' という表現ですが、安い物を買えばその値段相応の質の悪い物しか手に入らないという意味で使われるフレーズです。日本語で言う所の '安物買いの銭失い' ですね。

例:
I don't want to buy the cheapest car, because with those, you get what you pay for. 
僕は安い車を買いたくないな、安物買いの銭失いになるから。

では、次回に!

 

【本日のワンフレーズ】

皆様、こんにちは。

本日のワンフレーズです。
★Hit a wall★
「To be unable to proceed」
'壁(障壁)にぶち当たる'、
計画などが行き詰まってしまう事を表現したフレーズです。

I was writing chapters for my book, but I hit a wall when I ran out of ideas.
僕は本のためにいくつかチャプターを書いていたが、考えが尽きて行き詰まってしまった。

では、次回に!

 

【本日のワンフレーズ】

皆様、こんにちは。

本日のワンフレーズです。
★Pencil it in★
「To put something on your schedule」
'一応予定を入れる'
'pencil' といえば '鉛筆' ですが、ここでは動詞で使われています。
予定を書き込むという表現です。

例:
Okay, so let's have a meeting on Friday. I'll pencil it in for 3:00.
わかった、金曜日にミーティングをしよう。3時に予定を入れておくよ。

では、次回に!

 

【本日のワンフレーズ】

皆様、こんにちは。
4月に突入しました!
新年度、新生活がスタートする日ですね~(^^♪

さて、本日のワンフレーズです。
★Have a green thumb★
「To be excellent are gardening」
'園芸の才能がある'
親指が緑色になってしまうくらいに植物をいじっていることからきている表現です。

例:
My friend has a green thumb. He has an amazing garden. 
僕の友達は園芸の才能があるんだ。彼は素晴らしい庭を持っているんだよ。

では、次回に!

 

 

« 2017年3月 | メインページ | アーカイブ | 2017年5月 »

このページのトップへ